外壁の吹き付け塗装とは?メリット・デメリット、ローラー工法との違い

外壁の吹き付け塗装とは?メリット・デメリット、ローラー工法との違い

現在、外壁の塗装を業者に依頼したいと思っている方もいるのではないでしょうか。ただ、どのような塗装の仕方が主流になっているのか、また業者に依頼する場合は、何を判断基準にして選べばよいかわからい方もいるかもしれません。

そこで今回は、塗装方法の一つである吹き付け塗装について、その特徴やメリットやデメリット、ローラー工法との違いなどについて解説します。

外壁の吹き付け塗装とは

吹き付け塗装とはスプレーガンと呼ばれる道具を使って塗料を霧状にして外壁に吹き付ける工法で、スプレーガンは使用する塗料に合わせて専用のものが存在し、吹き付け塗装に用いるスプレーガンには噴出方法によってエアスプレータイプとエアレスタイプの2種類に分けられます。

エアスプレータイプは空気を圧縮させる事で塗料を噴射させる一方、エアレスタイプは塗料の直接圧力をかけて噴射させます。ただ禁煙ではエアレスタイプのスプレーガンを用いた吹き付け塗装が主流となっている傾向にあると言えます。

吹き付け塗装のメリット・デメリット

吹き付け塗装のメリット

吹き付け塗装は塗膜の品質がバラつきがなく均一にでき、膜厚を多く付けやすい塗装方法でもあるため、きれいな仕上がりになりやすい点がメリットといえます。

また、メリットとして挙げられるのが、さまざまな工夫ができるという点です。

複雑な模様や立体感のある塗装など多彩なデザインを生み出せることは吹き付け塗装の大きな特徴となっています。

他にも、広い面積の塗装ほど効率的かつ短時間で作業が行える点も吹き付け塗装が持つメリットです。工期の短縮にもつながるので外壁塗装を依頼する側にとってはコストカットも期待できるでしょう。

吹き付け塗装のデメリット

吹き付け塗装のデメリットに挙げられる一つが無駄に塗料を使ってしまうという点です。

吹き付け塗装で使用するスプレーガンは塗装の飛散が多いため、その分無駄な塗料も発生しやすくなっています。そのため、吹き付け塗装が得意ではない職人が作業すると材料費が高くなる可能性があります。

また、養生など準備に手間や時間を要する点も吹き付け塗装のデメリットといえます。噴射した塗料は遠くまで飛びやすいので、養生する事で周囲をきちんと保護する事が必要です。

塗装する面積がそれほど広くなければ、手塗による塗装よりも工期は長くなりやすいでしょう。

ローラー工法との違い

ローラー工法とは塗料をローラーと呼ばれる道具を使用して塗る工法を指します。ローラー工法は特別な技術が必要というわけではないため、業者の違いによって仕上がりのクオリティが変わってくるというケースは少ないです。

一方、吹き付け塗装はスプレーガンの調整といった技術も求められるので、ある程度熟練した職人が作業しないときれいに仕上げるのが難しい点がローラー工法との大きな違いといえます。

また、ローラー工法と違い吹き付け塗装は塗料の飛散や機械を使用する事による騒音が発生しやすいので、周辺住民により一層配慮する必要があります。一般的に住宅が密集している場所ではローラー工法による塗装が多い傾向にあります。

吹き付け塗装が向いているのはどのような場合?

ローラー工法で塗ることができないような細かい箇所の塗装が多い場合は、吹き付け塗装の方が効率よく作業ができます。

また、吹き付け塗装は、表面的な仕上がりになりやすいローラー工法と比べて、重厚感や立体感のあるデザインなど多彩な仕上がりが可能なため、細かなデザインが要求されている場合には適した塗装工法です。

まとめ

今回は吹き付け塗装についてそのメリット・デメリット、ローラー工法との違いなどを解説しました。吹き付け塗装にはローラー工法と違いそれなりの技術が必要になってくる塗装方法です。

特徴をきちんと理解し、技術を習得すれば作業の効率向上が期待でき、オリジナリティのある外壁に塗り替えることも可能です。希望に沿った外壁の塗り替えを実現させたいという方は参考にしてください。

関連記事