外壁や屋根を塗装するときに知っておきたい色の選び方

外壁や屋根を塗装するときに知っておきたい色の選び方

外壁や屋根の塗り替えをする際には色選びがとても大切です。ただ、外壁と屋根を同時に塗装するときの組み合わせ方わからないというかも多いようです。

この記事では、外壁と屋根の色の組み合わせ方や選び方について基本を解説します。人気のある色についても紹介するので参考にしてください。

外壁塗装の人気色

外壁塗装での人気色はシンプルな色合いのものです。最も人気が高いのはクリーム系、ベージュ系と言われている白色系で、景観との調和性が高いことからよく選ばれています。

はっきりと明るくしたいときには白も使用されていますが、クリームやベージュの方が暖色なので心地よい印象を与えるので人気です。

また、暗色系ではブラウンとグレーがよく選ばれていて、明るめのものから黒に近い濃色まで幅広く活用されています。特にブラウンは木の自然な色に近いものが好まれていて、ナチュラルな温かさを感じられるのが魅力です。

グレーは無機質な印象を与えがちではあるものの、ベージュなどと同じで景観と調和しやすいことから人気があります。

屋根塗装の人気色

屋根塗装の人気色は外壁塗装の場合と似ている部分もありますが、やや暗めで目立つ色を好む人が多くなっています。人気が高いのはブラウンやグレーで、外壁よりも濃い色を使うのが人気の塗装方法です。

また、グリーンやブルー、臙脂の濃い色もよく選ばれています。屋根は太陽光が直接当たるため、あまり明るい色では目立ちすぎてしまう可能性もあります。白やベージュ系、クリーム系などは光で明るくなりすぎるため、あまり好まれないようです。

黄色や赤色などもきつい印象を与えてしまうので避けられる傾向が強く、やや暗めの色を太陽の光で鮮やかに見せる方法が選ばれています。

外壁と屋根の色の合わせ方のコツ

外壁と屋根の色合いが調和することによって美しい住宅に仕上げることができます。独立しているものとして捉えずに、外壁と屋根の色はうまく組み合わせるようにしましょう。

美しく見えるようにするコツは調和性を重視しつつ、ある程度のコントラストを作ることです。外壁と屋根の色を全く同じにしてしまうとメリハリがなく、面白みがない姿になってしまいます。

同系色で濃淡の違いを作ると無難な仕上がりなりますし、屋根を濃色、外壁を淡色とすると太陽光の力もうまく生かすことができて美しく照り映えます。

落ち着いた色合いを作る方法としては、外壁と屋根のどちらか一方をベージュ系やグレー系などの調和性が高い色を選ぶのが簡単でしょう。もう一方は比較的色の選択肢が広くなり、濃淡の違いを出せばはっきりとしたコントラストを生み出せます。

外壁や屋根の色選びで失敗しないためには?

外壁と屋根の色を選ぶときには周辺の家との調和性を重視することも大切です。隣の家がベージュなのに、自分の家は赤くしてしまうと目立ちすぎてしまい、見た目の印象が悪くなってしまう可能性もあります。類似性の高い色を選ぶとうまく調和し、全体として美しい景観を作り出せます。

また、色を選ぶときには屋外での色合いがどうなるかを見るのを忘れないようにしましょう。色見本を屋内で見ているのと、屋外で太陽光に照らされているのではまるで印象が異なります。屋外で色見本を見て決めると大きな失敗がありません。

まとめ

外壁と屋根の色は塗装をするときに悩むことが多い部分ではありますが、基本的には全体的な調和性を重視すれば失敗はしにくくなります。

周囲のお宅との調和も考慮して色を選ぶと美麗な景観を作り上げられるので、屋外で色見本を見ながら隣の家の色と合うかどうかを見てから決めることが大切です。

関連記事