外壁コーキングの補修とは?補修費用とその方法

service-caulking-img

現代の住宅の外壁は、サイディングボードやALC(軽量発砲コンクリート)パネルが多く用いられています。この外壁に欠かせないのがコーキングです。

外壁と同じようにこのコーキングも劣化してしまい、補修が必要になります。しかし、コーキングの補修と聞いてもよくわからない方が多いのではないでしょうか。

この記事ではコーキング補修が必要な症状やその補修方法、費用相場についてお伝えします。

外壁のコーキングとは

コーキング(シーリング)とは弾性に富んだ樹脂系の目地充填剤のことです。

これらの外壁材は非常に堅いので、隙間を設けずに貼りつけてゆくと気温変化などによる膨張で外壁材が衝突し、破損してしまいます。

そのため、レールのように一定の隙間を置いて壁面に貼り付ける必要があります。

この一定の隙間である「目地」にコーキングを注入することにより、外壁材の膨張を吸収し破損を防いでいるのです。

ただ、コーキング自体も、風雨、太陽光などの自然負荷により経年劣化します。コーキングの劣化について詳しくみていきましょう。

外壁のコーキングの補修が必要な劣化症状

ひび割れ

外壁の隙間を埋めているコーキングは劣化するとひび割れを起こします。表面だけの浅いひび割れのほか、大きな地震などでは指が入るほどの大きな亀裂が生まれることも。

コーキングに亀裂が生まれている場合、雨水が内部に侵入するおそれがあるので、早めに補修する必要があります。

破断

ひび割れを放置すると、コーキングは破断します。破断するとコーキングはその役割を果たせないので、早急な補修が必要です。

剥がれ

コーキング材の剥がれは経年劣化により起こります。コーキングの剥がれとはコーキングが目地からぼろぼろ剥がれ落ちる現象のことです。

劣化が激しい場合は、コーキングの補修だけではなくサイディングの張り替えや外壁塗装を必要となります。

外壁のコーキングの補修方法

DIY店でもコーキングの材料が売っているため、自分でやった方が費用も安く済んでお得と思うかもしれません。コーキングの補修方法として、自分で補修する場合は注意する必要があります。

コーキング補修とは、目地から古いコーキングを剥がし取り、新しいコーキングを注入する作業です。これだけ聞くと簡単に感じるかもしれません。

しかし、剥がし残しがあると、その上から新しいコーキングを注入しても、剥がし残しの劣化コーキングが新しいコーキングを断裂させる原因になり、施工不良になります。

乾燥の状況や自宅の外壁に適したコーキング材の選定、足場が必要な場合もあるので、専門の業者に依頼しましょう。

外壁のコーキングの補修にかかる費用相場

コーキング補修をする費用の目安は30〜50万円です。コーキングは1m単価で計算されるケースと、「一式」とまとめられる場合の2つがあります。

コーキング補修にかかる費用の主な内訳は以下のようになります。

  • 材料費 5〜20万円
  • 足場費用 10〜20万円
  • 既存コーキング撤去 3〜5万円
  • 諸経費など 3〜10万円

 

あくまで相場なので、自宅の外壁材や大きさによっても変動します。無料で見積もりをしてくれる業者もいますので、一度見積もりを依頼するのが良いでしょう。

まとめ

コーキング補修が必要な症状やその補修方法、費用相場についてお伝えしました。コーキングが外壁にとっていかに重要なのか分かったのではないでしょうか。

コーキングに劣化症状が見られた際は、早めに業者に診てもらい、補修の依頼をしましょう。

関連記事