外壁塗装の頻度や耐用年数は?定期的に行った方がよい理由

外壁塗装の頻度や耐用年数は?定期的に行った方がよい理由

住宅が古くなれば外壁が劣化し、塗装が剥げたり苔が生えたりしてきます。外壁が劣化すると見た目だけではなく、本来の機能にも支障をきたすこともあるのです。

では、外壁塗装はどれぐらいの頻度で塗装すればよいのか、どれぐらいの耐用年数があるかご存知でしょうか?

今回は、外壁塗装を行う頻度や塗料の耐用年数、定期的に行った方がよい理由についてお伝えします。

外壁塗装はどれぐらいの頻度で行うべきか

外壁塗装は定期的に行うべきですが、どれぐらいの頻度で行ったらよいか気になるところです。

頻度に関しては、塗料の種類によって異なりますが、短いもので8年から10年程度の頻度で行ったらよいでしょう。しかしある程度耐用年数の長い塗料の場合には、15年から20年に一回塗装をすれば十分のものもあります。

このように考えるならば、そもそも自宅でどのような塗料を使うべきか、あるいはすでにどのような塗料を使っているのかを知っておかなければなりません。そこでそれぞれの塗料の耐用年数や特徴を見ていきましょう。

外壁塗装で使用する塗料の耐用年数

アクリル系塗料

外壁塗装をする時の耐用年数は塗料によって決まりますが、比較的耐用年数が短いものの代表的なものはアクリル系塗料と呼ばれるものです。アクリル系塗料は昔から使われているものですが、おおむね8年から10年ぐらいの耐用年数とされています。そのため料金は安くなりますが、比較的短いスパンで塗装しなければなりません。

ウレタン系塗料

次に、ウレタン系塗料と呼ばれるものがあります。ウレタン系塗料の特徴は比較的軟らかい塗料のためどこにでもなじむことです。最近の住宅でよく利用されているサイディングならば、たいていどのような種類でも塗ることが可能になります。

また、モルタルの外壁であっても塗装することが可能になるため、比較的広く利用されている塗料の一つです。この耐用年数は10年から12年ほどとなっており、アクリル塗料よりも塗装をする頻度が少なくなります。しかもコストパフォーマンスがそれなりに高いため、人気のある塗料です。

シリコン系塗料

ウレタン系塗料よりも耐用年数が長く、しかも全国的によく利用されている塗料が、シリコン系塗料になります。シリコン系塗料は、ウレタン系塗料に比べると耐用年数が長く、12年から15年ほど長持ちします。

料金もウレタン系塗料とそれほど違いがないため、シリコン系塗料を選ぶ人が多い傾向にあるでしょう。しかも耐水性や耐候性に優れており、日本の気候のように冬場は寒く、夏場は暑いところでもすぐに劣化することはありません。

高機能塗料

一般的な住宅は、ウレタン系塗料やシリコン系塗料を利用していますが、実はそれ以上に耐用年数が長いものも存在しています。それが高機能塗料と呼ばれるものです。具体的には、フッ素系塗料や光触媒塗料などがこれに該当します。フッ素系塗料は耐用年数が20年ほどとなっており、主にマンションやビルなどで用いる塗料です。

高機能塗料として知られている光触媒塗料も、耐用年数が長いことが魅力です。耐用年数はおよそ20年になっており、1度塗装してしまえばかなり長い間外壁塗装をしなくても済みます。

しかも光触媒塗料は、汚れが付きにくいのが大きな特徴といえます。汚れが付いても、雨が降った時に汚れが染み込まずに雨水と一緒に流れていくため、長期的にきれいな状態を維持することが可能です。コケなどが生えやすい北向きの外壁でも、長年きれいな状態が維持できます。

外壁塗装を定期的に行った方がよい理由

外壁塗装を定期的に行う理由の一つは、外壁にヒビ割れが発生していることがあるからです。もしヒビ割れの状態が長く続くと、壁の中に雨水が入ってしまうことが多く、壁の内側が劣化してしまいます。外壁塗装の時ひび割れも一緒に修理しますので、ひびをふさぐことが可能になります。また定期的に外壁塗装を行うことで塗料の劣化を避けることが可能です。

耐候性や耐水性を備えている塗料も多く、耐用年数が経過するとそれらの機能が弱くなってしまいます。そうすると雨水に弱くなることや夏場の日差しに外壁が耐えられなくなり、建物そのものが劣化していくでしょう。

建物の劣化が進むことで、大きな地震が来た場合など崩れやすくなる可能性も否定できません。外壁塗装を定期的に行えば、建物の劣化を防ぎ安心して建物に住めます。

まとめ

今回は、外壁塗装を行う頻度や塗料の耐用年数、定期的に行った方がよい理由についてお伝えしましたが、外壁は耐用年数に応じてこまめにメンテナンスをすることで家自体を長持ちさせることにつながります。

外壁が劣化することで雨や夏の日差しに弱くなってしまうため、定期的に塗装を行うことが住宅にとっても望ましいのです。

また、外壁塗装により家の外観を変えることもできるため、定期的に色を変えることで飽きずに住み続けられるというメリットもあります。

関連記事

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

この記事では、屋根塗装をする時にかかる費用やその内訳、20坪から60坪までの坪数ごとの相場について説明しています。また、実際に業者に頼む時に屋根塗装の費用を相場