外壁塗装における下塗り塗料の重要性

外壁塗装における下塗り塗料の重要性

外壁塗装には、塗装だけでも3段階あり、下塗り・中塗り・上塗りの工程があります。下塗りをしないと塗装に失敗する、と言われるほど、外壁塗装の下塗りは重要です。

この記事では下塗りの重要性や役割、種類について紹介します。

外壁塗装の役割と効果とは

外壁と上塗り塗料を接着させる

下塗りの主な役割の1つに、外壁と上塗り塗料を接着する役割があります。

上塗り塗料だけだと塗料がしっかりと密着しないために、下塗りをする必要があり、間に下塗り塗料を塗ることで、はがれにくい塗膜に仕上げることができます。

外壁に上塗り塗料が吸い込まれるのを防ぐ

下塗り塗料は、傷んだ外壁が塗料を吸い込んでしまうのを止める役割も果たします。

下塗り塗料を使うことで、上塗り塗料が外壁に吸い込まれることなく、色ムラ・艶ムラのない仕上がりにすることが可能です。

下地の色を隠し仕上がりをキレイにする

濃い色から淡い色に塗り替える場合、もとの外壁(下地)の色が透けてしまい、思った通りの色にならない場合もあります。

白色の下塗り塗料をたっぷり塗って下地の色を少しでも隠すことで、より綺麗な仕上がりにすることができます。

外壁塗装の下塗りの重要性

下塗りをしないと塗料が剥がれる可能性

下塗りをしないと、塗料が剥がれる恐れがあります。下塗りの役割で説明した通り、上塗り塗料だけでは塗料がしっかりと密着しないからです。

塗料の剥がれを防ぐために、下塗りが非常に大事になります。

思い通りの色を出せる

下塗りのおかげで、思い通りの色を出すことができます。上塗りだけでは下地の色が透けて見えるためです。

下塗りをすることで、下地の色を透けることを防ぎ、自由に上塗りの色を塗装できます。

費用を抑える

下塗りを行わずに上塗りのみ行うと、下地に上塗り塗料が吸収され、塗料の費用が無駄になってしまいます。

下塗りによって上塗り塗料が下地に吸収されることを防ぐため、上塗り塗料の費用を抑えられます。費用を節約するためにも、下塗りは重要です。

下塗り塗料の種類

シーラー

シーラーは傷んだ下地に塗料が吸い込まれるのを止める役割を果たす下塗り塗料です。シーラーは大きく分けて「水性タイプ」「溶剤(油性)タイプ」に分類できます。

水性タイプは臭いが少ないことが特徴で、比較的劣化が少ない場合に用いられます。

一方、溶剤タイプのシーラーは臭いが強い代わりに吸い込み防止効果が高く、乾燥時間も水性に比べて短いのが特徴です。

吸い込み防止効果が高いことから、劣化が激しい下地に使われることが多いです。

プライマー

実はシーラーとプライマーの違いは明確に定義付けられているわけではなく、メーカーによってはシーラーとプライマーを全く同じ意味で使っている場合もあります。

プライマーには錆止め効果を持つもの(錆止めプライマー)もあり、金属下地にはプライマーを使用するというのが一般的です。

フィラー

前述したシーラーとプライマーはサラサラの液体であるのに対し、フィラーは比較的ドロドロとした材質の、粉分を含んだ塗料です。

凹凸の激しい下地を平滑にならしたり、外壁に発生したひび割れが浮き出てこないように覆ったりする役割を果たします。

そのため、フィラーは基本的には凹凸模様の外壁に用いられることが多いのが特徴です。

まとめ

下塗り塗料の種類や重要性についてご紹介しました。下塗り塗料の選定は、基本的には塗装業者があなたの住まいの状態に合わせて行なってくれます。

しかしながら、下塗りの工程で手抜き工事をされてしまうとすぐにと塗料が剥がれてしまう原因となってしまいます。

下塗りの工程がしっかりしているのか、確認して満足のいく塗装工事を進めていきましょう。

関連記事

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

この記事では、屋根塗装をする時にかかる費用やその内訳、20坪から60坪までの坪数ごとの相場について説明しています。また、実際に業者に頼む時に屋根塗装の費用を相場