屋根塗装の時期やタイミングはいつ?避けた方がよいときも解説

屋根塗装の時期やタイミングはいつ?避けた方がよいときも解説

建物を大切に使っていくためには屋根塗装によって屋根を適切に保護した状態を保つことが大切です。適切なタイミングを見計らって塗装をする必要がありますが、どのようにして時期を見極めたら良いかを知っているでしょうか。

この記事では屋根塗装のタイミングの判断の仕方や、塗装をする時期の選び方について詳しく紹介します。

屋根塗装に最適な時期やタイミング

屋根塗装をするのに最適な時期やタイミングは、塗装が劣化してきてしまったときです。塗装によって屋根はコーティングされたような形になって保護されています。

塗料が劣化して剥げてしまうと屋根本体の寿命が縮んでいってしまい、雨漏りなどが起こる原因にもなります。そのため、塗料が劣化しているかどうかを二つの尺度から判断するのが大切です。

一つは屋根を目視によって確認する方法で、劣化が進んでいる兆しがあるかどうかを見て判断します。

もう一つは塗料の耐用年数から判断する方法で、塗料の種類ごとに決まっている耐久性に応じていつ頃になったら屋根塗装をする必要が生じるかを想定しておくことが可能です。

屋根塗装をした方が良い目安とは

目視と耐用年数の二つの観点から、屋根塗装をした方が良い目安について確認しておきましょう。

屋根の表面を見たときに塗膜が剥がれていたり、膨らんでいたりした場合には劣化が進行していて塗り替えが必要な状況になっているとわかります。また、クラックやチョーキングからも判断することが可能です。

表面に細くて浅いひび割れができていたらヘアークラックと言われるもので、塗膜が劣化していることを示しています。

チョーキングは白いチョークの粉のようなものが表面に出てくる現象です。どの症状も遠くからでは見づらいのは確かですが、双眼鏡を使ったり、脚立を使って近くで見たりすることで判断できるでしょう。

 

塗料の耐用年数については使用した塗料による差が大きいですが、一般的な家庭の屋根ではシリコン系塗料が用いられています。

この場合は耐用年数が10年程度なので、10年くらい経った頃に屋根の目視を始めると良いでしょう。大きな建物の場合にはフッ素系塗料を利用していることが多く、耐用年数は15年程度です。

この他にも光触媒系塗料やラジカル系塗料も用いられるようになってきています。光触媒系の場合には15年~20年、ラジカル系では12年程度が寿命の目安です。

屋根塗装を避けた方が良い時期とは

屋根塗装をした方が良い兆候が見られてきたときには次に適した時期がやってきたタイミングで塗装しようと考えるのが大切です。時期によっては屋根塗装がうまく進められずに困ってしまうことがあります。屋根塗装では天気と気温の二つの観点から時期を選ぶのが重要です。

まず天気については雨が多い時期を避けることが欠かせません。梅雨や秋雨、豪雪の時期は避けて、穏やかな日が続く季節を選ぶようにしましょう。雨が降ってしまうと作業を中断しなければならず、場合によってはやり直しになります。

気温は高くても低くても問題になるのでやはり穏やかな気候の季節が最適です。塗装では塗料を塗ってから乾かし、またその上に重ね塗りをするという工程があります。

この際に塗料が乾かないと先に進むことができず、乾き過ぎると塗膜に小さな亀裂が入ってしまうことがあるのです。

そのため、日本では春先の気候が安定している時期が最も外壁塗装に適しています。梅雨入り前までがベストシーズンと考えて屋根塗装を検討しましょう。

まとめ:屋根塗装は適切なタイミングで実施しよう

屋根の劣化を防ぐには屋根塗装を適切なタイミングで行うのが大切です。塗膜が剥がれてきたり、クラックやチョーキングが起こってきたりしたら屋根塗装をすべき時期になっています。

季節的に日本では春先が最も屋根塗装をするのに適した気候なので、塗装の劣化が確認されたら次の春先に施工するのを目指して屋根塗装の手配をしましょう。

関連記事

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

この記事では、屋根塗装をする時にかかる費用やその内訳、20坪から60坪までの坪数ごとの相場について説明しています。また、実際に業者に頼む時に屋根塗装の費用を相場