外壁塗装の優良業者の見分け方!失敗を避けるためのポイント

外壁塗装の優良業者の見分け方!失敗を避けるためのポイント

経年変化や経年劣化に伴って、必要となるのが外壁塗装です。

「たくさんある業者の中からどの業者を選べばいいの?」という疑問を持つ人は少なくありません。家の造りや大きさによってその費用は異なるものの、決して少なくない費用がかかります。

この記事では、優良な外壁塗装業者の見つけ方やその特徴についてご紹介していきます。

外壁塗装が行える業者とは

景観上の問題のみならず、地震や台風などの自然災害に備えるためにも外壁塗装は必要です。

とはいえ、多くの人が「外壁塗装はどの業者に頼めばいいの?」と思うのではないでしょうか。

じつは外壁塗装を請け負うにあたって特別な資格や免許は必要はありませんので、理屈上は誰でも行うことが可能です。

しかしながら、安心して外壁塗装を任せるなら、建設業許可証や塗装技能士などの資格を所持する業者を選んだ方が安心です。

建設業許可証や塗装技能士の資格を取得するためには、長年の経験や一定以上の実績の積み重ねが必要なため、技術面で信頼できるでしょう。

優良業者を選ぶ際のチェックポイント

優良業者を見極めるためのポイントをいくつか挙げてみましょう。

  • ホームページの内容がしっかりしている
  • 保険や保証の内容が充実している
  • わかりやすい見積書

ネット時代の到来を迎え、ほとんどの業者がホームページを開設しています。優良業者が否かはホームページの内容次第と言われるほどです。

豊富な施工実績や「顧客の喜びの声」などが掲載されていれば、無難な業者と言えるでしょう。また、代表者のプロフィールがあれば、経歴などをチェックしておくのもおすすめです。

一方で、具体的な内容がなく、「安い」などの謳い文句ばかりが目立つような業者は要注意です。

保険や保証の充実度合いについても、優良業者かどうかを見抜くためには大事な要素です。

外壁塗装の施工終了後に不良な箇所が見つかった場合、無償で対応してくれるような業者が良いでしょう。

少なくとも、終了後5年間以内に発生したヒビ割れや塗装劣化に対しては無償で保証するなどのアフターフォローがあれば安心です。

見積書に関しては、優良業者なら包み隠さず詳細が一目瞭然です。「塗装一式」などと曖昧な記述をするような業者には注意した方が良いでしょう。

外壁塗装業者の探し方

優良な外壁塗装業者を見つけるためには、ネット検索や折り込みチラシなどの情報を参考にするのが良いでしょう。可能な限り多くの業者のホームページや関連サイトなどをチェックしてみるのも良い方法です。

口コミや評判、実際の利用者の体験談などは参考になります。その際、好意的な意見ばかりを参照するのではなく、反対の意見や声を見ることで一層深く理解することができるでしょう。

避けた方がよい業者の特徴とは

外壁塗装を検討している人にとって、避けた方が良い業者があることも事実です。施工後に後悔しないために、特徴をチェックしておきましょう。

まず、「とにかく結論を急がせる」業者には注意が必要です。キャンペーンや期間限定などと称して、半ば強引に契約を迫るようなケースが発生しています。

他社との比較をさせず、すぐに契約を迫るような業者は避けた方が良いでしょう。

 

また、施工実績が極端に少ない業者への依頼は慎重にした方が無難です。「開業したばかり」などの例外を除けば、それだけ信用が低いということかもしれません。

前述した通り、派手な謳い文句や宣伝より実績の方が大切です。加えて、必要となる費用の明示を避ける業者には要注意です。

追加費用などの名目で高額な請求をされることにもなりかねませんので、見積もりには詳細をしっかり記載してもらいましょう。

まとめ

ホームページや自宅ポストに投函される折り込みチラシなどを参考に、外壁塗装を依頼する業者を探す人はたくさんいます。

より良い業者を見つけるためには、「安い」などの謳い文句だけを参考にするのではなく、豊富な施工実績があることやアフターフォローのサービスが万全などのポイントを見ることが必要です。

依頼を決める前には、多くの口コミや評判もチェックしましょう。

関連記事