屋根塗装の失敗しない色選びのポイント?人気の色や注意点について

屋根塗装の失敗しない色選びのポイント?人気の色や注意点について

住宅などの建物の屋根に塗装を施す場合、色の違いによる全体のバランスの良し悪しに気を配ることが重要です。同じ建物でも屋根の色の違いで雰囲気が大きく変わることも珍しくありません。また、色の違いによって汚れや色褪せの目立ち方が異なる点も併せて注意する必要があります。

屋根の塗装は防水など実利的な目的だけではなく、建物全体の見え方を左右する重要な作業であると理解することが大切です。

今回は屋根塗装の失敗しない色選びのポイントや注意点についてお伝えします。

屋根塗装の失敗しない色選びのポイント

住宅など建物の屋根に塗装を施す場合、屋根だけを見るのではなく、建物全体のバランスを考えることが重要になります。屋根の色によって建物全体の雰囲気が大きく変わってしまうこともあるので、安易に即決せず、慎重に判断しなければいけません。

外壁と近い色で濃い色にすることで、引き締まったイメージを持たせることができるとされています。また、塗装の前にサンプルを比較する場合、サンプル色と実際の色では見え方が異なる可能性がある事実は無視できません。

カタログ印刷やコンピューター画像の色合いは実際に屋根へ塗装を施した際の色とは質感が異なるので、塗装した後になって後悔するおそれがあります。

手間がかかっても建物の屋根を実際に見学して色の違いを比較するのが賢明です。

屋根塗装で人気の色は?

屋根を塗装する際の色はこの色でなければいけないという絶対的な決まりはありません。個人の好み次第とも言えますが、それでも建物全体の雰囲気を良くするためにはある程度の方向性を決めることが重要と言えるでしょう。

屋根の色で人気が高いのはブラックやグレーなどの黒色系です。黒色系の色は実際よりも小さく見える効果があります。住宅の屋根をブラックやグレーに塗装することで、建物全体が引き締まった感じになるのが利点です。また、黒色系の色はどのような外壁にもマッチする特徴があります。

黒色系はそれ自体は強い個性がありませんが、その一方で他の色を引き立たせる効果を持っています。そのため、外壁を目立たせるには屋根を黒色系にするのが最適と言っても過言ではありません。

黒色系に次いで人気が高い色はブラウン系やグリーン系です。ブラウン系は黒色系ほど地味ではないので屋根の部分に個性を持たせるのに便利です。また、周囲の景観に溶け込みやすいことから住宅地など似たようなデザインの建物が密集している地域に最適と言えるでしょう。

グリーン系は住宅の周りに樹木が茂っているなど緑が多い環境に適しています。自然な感じで周囲に溶け込むので、山地や田園地帯など緑が多い地域ならグリーン系が無難な選択になります。

屋根塗装に使用しない方が良い色

屋根の色選びについては個人の好みやセンスが関係するので、具体的な色の良し悪しを断言することはできません。しかし、屋根の塗装には使わない方が良い色があることも事実です。

もっとも注意する点として外壁のデザインとの相性があります。外壁のデザインとは釣り合わない色を選ぶと屋根の部分に違和感が生じてしまいます。その結果、建物全体のバランスが悪くなってしまうので注意しなければいけません。

外壁のデザインと屋根の色のバランスの良し悪しを正しく知るにはデザインの知識が求められるので、安易な素人判断は避けるのが賢明と言えるでしょう。また、ホワイト系の色は少しの汚れでも非常に目立ってしまうので、こまめな塗り直しができないなら避けるべき色と言えます。

同様の理由で原色に近い色も避けるのが無難です。赤や青、黄色などの原色は塗装直後なら鮮やかですが、時間の経過と共に日光や風雨の影響で色褪せが生じます。そうなると見栄えが悪くなってしまうので塗り直しが必須です。手間がかかるうえに出費も嵩む点を注意する必要があります。

まとめ

屋根の塗装において色選びがどれだけ重要であるかが理解できたかと思われます。選んだ色によって建物全体のバランスが大きく変わり、雰囲気の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。

屋根の色を決めるのは個人の好みである事実も否定できませんが、それ以上に外壁との統一性や汚れの目立ちにくさなど、建物全体の見え方に影響することを理解する必要があります。

関連記事

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

屋根塗装の費用相場や安くする方法を紹介

この記事では、屋根塗装をする時にかかる費用やその内訳、20坪から60坪までの坪数ごとの相場について説明しています。また、実際に業者に頼む時に屋根塗装の費用を相場