屋根塗装を依頼する前に知っておきたい!補助金・助成金制度

屋根塗装を依頼する前に知っておきたい!補助金・助成金制度

おおむね10年毎の施工が理想的とされるのが屋根塗装です。照りつける太陽光や激しい降雨などが原因となり、屋根の塗装面の劣化は免れません。

屋根塗装や外壁塗装は、国や自治体からの補助金・助成金を受給することが可能な場合もありますので、屋根塗装で使える補助金や助成金について正しく理解し、費用負担を軽減しましょう。

屋根塗装に使える補助金・助成金

自分が住む家の屋根塗装の必要性を感じている人は多いのではないでしょうか。台風や地震などの自然災害に見舞われる機会が多い日本の家屋にとって、屋根塗装は概ね10年ぐらいのスパンで行われるのが一般的です。

そんな屋根塗装を業者に依頼するとなれば、決して安くはない費用がかかります。少しでも屋根塗装にかかる費用を抑えるためには、国や自治体から支給される補助金・助成金を活用することが重要です。

屋根塗装に使うことが可能な補助金・助成金については、自然エネルギーの活用促進などの観点から近年になって拡充される傾向にあります。

 

具体的な補助金・助成金の事例として挙げられるのが、東京都港区の高反射率塗料等材料費助成制度や世田谷区の環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金などです。

これらの助成制度や補助金支給の対象となるためには、使用する塗料の種類や塗装の範囲などの要件を満たすことが必要になるため、依頼する業者と事前に打ち合わせておくことが大切です。

補助金制度の探し方

屋根塗装を検討している人の中には「補助金・助成金制度を調べるにはどのようにすればいいの?」と疑問に思っている人が多いかもしれません。

基本的には、地元の自治体のホームページなどで確認したり、電話で問い合わせてみるのも良い方法です。

気をつけなければいけない点として、補助金・助成金の種類は多く、提出が求められる証明書類などが多岐にわたる点です。せっかく苦労して揃えた書類や証明書などが、間違っているだけで申請自体ができないケースも少なくありません。

そのような事態を避けるためには、補助金・助成金制度を探す段階から詳細に至るまでを入念にチェックすることが求められます。

補助金・助成金の申請から受け取るまでの流れ

補助金・助成金を申請してから、実際に手元に受け取るまでには、それ相応の時間がかかります。その期間は各自治体によって異なりますが、およそ3週間程度を要することになるのが一般的となっています。

申請段階で必要になるのが、実際の塗装工事の際に使われた塗料や塗装範囲を証明する書類、写真などです。

高所作業となる屋根塗装の写真撮影に関しては、依頼業者や現場監督の協力を得ることが不可欠です。

申請して無事に審査が通れば、あらかじめ指定した銀行口座に補助金・助成金が振り込まれるというのが一連の流れです。

屋根塗装で補助金・助成金を使用する際の注意点

屋根塗装で補助金・助成金を確実に受け取るためには、しっかりと決められた条件や期限を守る必要があります。

意識すべき点として、着実に補助金を受け取るためにも申請受付日と工事完了報告日の両方の期限を遵守することが挙げられます。

屋根塗装は雨や雪、強風などの気象条件によっては施工できないケースが想定されるため、特に余裕を持ったスケジュールを組むことが重要です。

万一、提出した期限内に塗装工事が終わらない場合、補助金を受けられなくなってしまいます。また、自治体が行う補助金・助成金制度では予算に到達した時点で打ち切りとなることも少なくないため、早め早めの申請が必要です。

まとめ

快適な住環境を維持していくためには、定期的な屋根塗装が必要です。高所作業を伴うため、業者に依頼するのが一般的であり、その費用は安くありません。

屋根塗装を業者に依頼するにあたっては、自治体から補助金が支給されるケースが多くあります。申請するには、必要となる書類やデータなどを用意して期限内に提出することが大切です。

関連記事